<   2007年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

発散

昨日は
お酒で都市計のメンバーと発散したけど
あたしの
ホントの発散は
“発表で散る”ってことだった。

発表の場で桜の花びらのように
美を見せたかった。



発表前日。

練習中あまりにも自分の発表が散々で
悔しくて大泣きしたのは昔のことみたい。

この感じは、
実習1と同じ。
あれも発表前日だった。

自分の中に溜めてたものが
爆発した感じ。

風船に針で
ブシュ。っと。
そんな感じ。
ハジケた。感じ。


発表は全然
納得いくものを伝えきれてない。

たくさんの人に支えられて
ちょっとずつ前に進んでたきたけど
あたしが求めてた結果はここじゃない。

大学最後、学生最後の集大成となる
卒論はやっぱり満足して卒業したい。

だから、
あたしはまだやる。

先生が言うように
ホントに発表は一通過点。


最初から最後まで自分で決断して
そのストーリーを1つの成果として
形にする。
そういうことを今後の会社でとことんやれる機会って
そうはない。
だからやっぱり納得するまでやって
これまでお世話になった人に見せたい。

納得いくまでやる!
もうちょっとの卒論。

負けず嫌いっていうか
頑固っていうか
なんか理想を求めすぎちゃうのかな。。

でも本当は限られた中で
どれだけのパフォーマンスをするかが大事なこと
なんだけどね。

そういう意味では
散ってしまったのかも。
トホホ。。
[PR]
by hayash31 | 2007-01-31 17:04 |

あぁぁぁぁあぁぁぁぁ

ホントにやばい!!!


やばいといった人生の中で
一番やばい!!

頭がゴリゴリしてます。

助けてください
神様
仏様
[PR]
by hayash31 | 2007-01-26 20:03

羊飼い

♪ひーとりぼっちの
 ひーつじかい
 レイオロレイオロレイオー

 今日も朝から晩まで
 レイオロレイオロロー

そんな歌が頭を流れてます。

深夜の研究室は
誰もいません。

羊たち
が頭に浮かんできて・・・

1頭ずつ数えてしまったら
もうおしまいです。

明日は提出2日前だってのに
川崎です。
[PR]
by hayash31 | 2007-01-22 02:31

卒論提出まで
あと1週間といっても。

やっぱり
視野は広く持ってたい。

みんなでフットサル練習できる時間も限られてる。
モッサで会える時間も限られてる。
つくばで美味しいご飯いく時間も限られてる。
別々の道を行く人たちと一緒に過ごす時間も限られてる。

まさに
その時間は限られてる。


経験・思い出・友人の数・相手を思う心、そして未来には
限りはないけど
時間にだけには限りがある。

その限られた時間が卒論だけ。
ってのはちょっと納得いかん。

そういえば学校の講義も
「1限・2限・・・」ってことば使うけど
きっと
1つ目の限られた時間っていう
意味なんだろね。

そう思うと
授業って本当に貴重なもの。

------------------------------------
フットサル寝坊しないようにって
夜から練習ジャージきて
また研究室に戻ってきた。

その着替え途中での家でのできごと。
たまたまつけたテレビにビックリ。

アメリカ元副大統領アル・ゴアさんが
NEWS23に出てた。
20日日本公開映画のPRのための来日みたい。
不都合な真実

環境問題、地球温暖化の危機について世界中で講演をやってる人で
その映画もゼッタイ見ようと心に決めてた。

番組はどれもインパクトのある内容だったけど
特に
印象に残ったことばがある。
ある中学生が質問してたことに対してゴアさんが言ったことば。

Q:「地球の危機から逃れるために
   近い将来、火星や月といった他の惑星に移住すると話がありますが、
   それについてどのように思いますか」

A:「私たちは地球と言う星に住んでいるんです。
   自分たちが住んでいる場所は
   自分たちの手で守らなければならないんです。
   そして自分たちが汚したのだから
   自分たちで責任を負わなければならないのです。」

きちんとした言葉は覚えていないけど
そんな意味のこと言ってた。
だから、ゴアさんはそんな計画が実行できるときが来て
その時自分が生きてても移住はしないって。言ってた。

自分で立ち向かわなきゃいけない。
そう思わせてくれた。

そして
最期に言ってたこと
私たちは一人ひとりが“今"動かなきゃいけないんだ!ってこと。

あとで
気づいてももう遅い。
取り返しがつかなくなる。


あたしの行動も同じこと。
大学生活、この景色、この人たち・・・
美しいと思えるものは
もういつ出会えるか分からない。

だから
後で後悔しないように
「今」必要だと思うことを
責任を持って自分自身が実行しなきいけない。
[PR]
by hayash31 | 2007-01-17 17:43 |

たのしみ

卒論でデータ分析も
楽しいんだけど

この締め切りまで限られた時間の中で
一日の中で卒論のほかにどんな楽しみ
をつくれるか。ってこと。
を楽しみにしてる今日この頃です。

で、身近な楽しみってのが
ご飯。

どんなに忙しくても
きちんとしたご飯食べることで
頭の回転がよくなって
サエルの!

ということで
いってきました。

美味しいご飯。
リッチなご飯。

ジンギスカン。
[PR]
by hayash31 | 2007-01-16 14:00

卒論の合間のひととき

眠い目こすりながら
体育のあとにやってきた研究室。

来て早々ウトウトしまってるから
どうにかして目を覚まさないと!と思い
缶コーヒーを買いに1階の自販機へ向かった。

その道中 
inエレベーター
7階から1階へ。

同じ階から乗ってきたヨーロッパ系の外国人。
目があってニコってしてくれた。
ドキドキ。

エレベーターのマナーとしてボタン押すとこに立ってる人は
最後にでるからいつもの通り
「開」ボタン押してその人がでるの待ってたら、
間があって、
ひとこと
「どうぞ」って。

レディファーストじゃんこれ♪

ってなんか自分レディなんだって気づいて
その時妙にちょっと恥ずかしくなりました。
そしてなんだか嬉しくなって

コーヒー買いに来たのに
思わずミルクティー買っちゃいました。
はは。
[PR]
by hayash31 | 2007-01-15 16:22 |

ハグ

卒論の息抜きに
ネットサーフィンしてたら見つけたもの。

ただ君を待つ、66組のハグ


馬場俊英っていう人のプロモで使われてるんだって。
最近邦楽離れしてたから歌も新鮮だった。

なんか顔がポッとなって
心がキュンとなっちゃう映像。

人間らしいってきっと
こういうこと。

子供からおじいちゃんまで
みんな満面の笑顔。

愛が溢れてるって感じる
そのギュッとした瞬間
素敵☆

やばぁ~い~~
[PR]
by hayash31 | 2007-01-14 19:02

極め

手に職がある人。
いうなればそれは
職人。

だけど、
職っていっても
誰にもできない技術がある人
ある分野で技術・知識が秀でてる人
エキスパートの人のことを一般的にいう。

そんな
職人思考なヒトと
久々の再会。

■極める


いろんな意味で
自分のおかれている環境を考えさせられた。

1つのことを極めるってことに
憧れはあるけど
まだ何かに特化したヒトになりたい思考にはなってない。
というか
自分は今の状況から何を取捨選択をしていいかわからない。

そして
今いる環境が
世の中の環境じゃない。
この環境は特殊なんだって。


何も縛りも
規則もない生活を1年過ごした人の
ことばってなぜが説得力があった。

1本の道で
いくことに自信があるのかどうかは
わからないけど

極めるために
その道に進む選択をしたそのヒトを
あたしは尊敬してるし
そんな生き方ができるヒトに憧れる。

何かに向かってがんばってるヒト。
素敵。
be anbitious!

TOKIOの歌借りてこようかな。。
[PR]
by hayash31 | 2007-01-14 14:39 |

マグカップに入れた
火傷しそうなほど熱いお湯も
時間が経てば
いつかは冷める。

自分の心もきっと同じ

何もしないと
自然と冷めてしまってる。

だから、冷めないように
ポットに入れておく必要がある。

ポットがあれば
美味しいコーヒーが作れる。

水がお湯であるために
ドキドキしたり
刺激したり
興奮したりする「経験」が必要。
そしてその経験をするための
自分自身の行動が必要。

そして
行動するには
そこに何かしらの想いがなきゃだめ。

やらなきゃじゃなく。
やりたい。

想いを持って行動しなきゃ。
[PR]
by hayash31 | 2007-01-13 15:26 |

優先順位

只今
AM3時30分。

真夜中だってのに
研究室に
5人もいる。

うちの研究室じゃこの光景は珍しい!

なんでいるかって、
明日新4年生のための
研究室説明会があるから。

本当は説明会ではない。
ただの先生との面接の日なのに
この研究室を少しでも
知ってもらいたいからって
がんばってる。

素敵だね。

パワーポイントつくるにしても
研究室で一体となって考える。
どうやったら
うまくこの研究室のことを伝えられるかって。

それを4年生に任せるとかじゃなくて
一緒にM1もやる。



そんなことが出来る研究室って素敵。
そんな関係でいられる先輩たちって素敵。
卒論やらなきゃいけないけど
やっぱりみんな自分が優先じゃなく
周りを優先する。

そういう心意気はホントに素敵だと思う。
そして
こういうことが自分が
この研究室に入ってよかったって心から瞬間だと思う。


このメンバーで過ごせるの「時」は
もう限られてる。

来年入ってくるメンバーにも
そう思える研究室であってほしい。

そして
人のために生きる人は美しい!!

今日はいい夢が見れそう。
おうちに帰って布団で寝よう。
[PR]
by hayash31 | 2007-01-12 03:33 |