カテゴリ:体( 82 )

伊豆

9月22〜23日
1ヶ月前から練りに練った
母娘の伊豆旅行

「いなとり荘」っていう全室オーシャンビューの宿で
親子水入らずの時間を過ごした。

美味しい料理
美しい景色
エステの心地良さ
どんな思い出もそれは一緒に経験する人によって
思い出も変わってくる。

お父さんには内緒だよ。っていう話を
たくさん聞いて
たくさん笑って
そんな時間がとても心地良かった。

1人暮らしをしていると
毎日起こる何でもないような話も
そう簡単には出来ないから
この3日間の時間は本当に童心に帰ったみたいで。
楽しかった。

そして
お母さんの前ではやっぱり私はいつまで経っても子供なんだな。
って思うと共に
母の懐の大きさに癒されてました。

お母さんありがとう。
親元はなれて暮らす寂しさを今さらながら身にしみて感じてます。

結局お金も出してもらって
親孝行出来たかどうかは分からないけど。。

次の旅行は
二人が出会った大阪へ行きましょう!
c0052293_16133977.jpg

カピバラ@伊豆バイオパーク 
[PR]
by hayash31 | 2007-09-30 16:14 |

材は財

『人材は人財。』
つまり、人はただの材料ではなく、財なんだって。
=宝ってこと。

人に
直接サービスを与える仕事をしてる人には大事な言葉。

--------------------
私は5ヶ月の新生活に終止符を打ち、
今日から再つくば生活のスタートです。

たった5ヶ月の生活の中でも
家の中には材がたくさん。
ただの材じゃなくて財が多い。

どれもこれもモノに対して思い出が詰まってるから
そう簡単に捨てれないんです。
その結果・・・
段ボールだけでも20個以上。。

引っ越しの度に自分の持ち物の多さにドン引きです。
けど
それだけ私の人生にはたくさんの思い出が蓄積されていってるかと思えば
まぁいいっか〜。
[PR]
by hayash31 | 2007-09-01 08:04 |

さくらんぼ

佐藤錦の
さくらんぼ最高です

これまで
そんなにさくらんぼは好きな食べ物じゃなかったけど
最近ハマってます。

スーパーで398円で売ってるやつ。
ちょっとの贅沢。

ちょっと、ホンのちょっと
その贅沢が
日々のモチベーションになるんです。

8分目の満足がちょうどいいんです。

-----------------------------------------
明日から初めて
交通機関を使っての通勤が始まります。
といっても1ヶ月。

またつくば生活が始まると思うと
ちょっとドキドキ。
会えるはずない人との
偶然の再会を信じてます。
[PR]
by hayash31 | 2007-06-30 23:22 |

苔=“こけ”

昨日まで京都に行ってました。
修学旅行の添乗で。

自分の中学校の修学旅行以来の京都
結構覚えてました。
そして
自分の修学旅行をたっぷり思い出しました。

2日目
生徒はタクシー研修中ということで
あたしも一人で京都市内の観光名所などをプラプラしてました。

金閣寺とか清水寺とか修学旅行生がわんさかいる所じゃなくて
侘び寂びを感じる京都を見てみたくて
大原三千院に行ってきました。

木漏れ日
ちょろちょろ流れゆく小川
お土産屋のおばあちゃんの京都弁
しそ畑
漬け物の匂い・・・
そこでみた景色・文化は毎日オフィスと自宅の行き来をしてる私にとって
非日常でした。

でも何より感動したのは
緑の世界の中に映える
『苔』でした。
初めてみる苔の美しさ。
あたしが求めてた好きな色がココにあることを知りました。

そして
初夏を感じるこの季節に
社会人の世界の美しさと汚さを垣間みたはじめての3日間でした。
[PR]
by hayash31 | 2007-06-06 21:09 |

時間

イライラ・・・

最近
残りの大学生活の時間を惜しんでいるだけに

「遅刻」する友人に
プッツンしてばかり。

自分も人のこと言えるほど
きちんと守ってるわけではないけど
最低でも約束時間前には
きちんと連絡は入れている
(はず)

後の予定に
キャンセルが入るっていうことは
その分時間が空くから
好都合だし
文句は言わないけど

約束時間になっても
来ない・連絡がないってのは論外。
その待ってる時間を返してという感じ。

1回ならまだしも
何度もやられると
信頼とか何もなくなる
次、会いたくなくなる

少しでも早く連絡してくれれば、
その時間を有効活用できるのに。

その「待つ」っていう時間が
本当に無意味・無駄に思える。

その時間があれば、
あれも出来たのに・・・
これも出来たのに・・・
と思ってる自分は最低なのかもしれません。

もっと
心の広い人にならなきゃいけないのかな。

でも
約束・時間を守るってことは
社会のルールの1つだと思ってます。
だから
きっとその子は社会に反してるんです。

こんなに抑えきれない
イライラを経験するのは久々です。
[PR]
by hayash31 | 2007-02-19 20:39 |

1週間

探したけど
見つからない本。

地球の歩き方。

最初で最後の12人で行く卒業旅行はすごく楽しみで
だからこそ
いいもの見て
いいもの食べて
いいとこで遊びたいから

って思って大学の書籍部行って
それを励みにレポートもやろう!って決めたのに
本が消えてしまいました。

ない!
ない!!
ない!!!

まだ
袋からも出してないのに。。
ありえない。。

捨てちゃったのかなぁ。
時間よ
一週間前に戻れ~
[PR]
by hayash31 | 2007-02-08 03:20 |

刻一刻

周りは
体育の授業で
学生生活の授業が終わった!

と言ってる中
あたしは残り5本のレポート抱えてます。
まさに
爆弾です。

これを全て終わらせないと
あたし教職免許もらえません。

はぁ。。
土曜日から
友だちの家で
ゲームやったり
現実逃避してるけど

刻一刻とその時間が迫ってきてます。

でも
これが終われば
大学生活も終わり。

終わらせたいけど
終わらせたくないそんな気持ちです。
[PR]
by hayash31 | 2007-02-06 11:55 |

発散

昨日は
お酒で都市計のメンバーと発散したけど
あたしの
ホントの発散は
“発表で散る”ってことだった。

発表の場で桜の花びらのように
美を見せたかった。



発表前日。

練習中あまりにも自分の発表が散々で
悔しくて大泣きしたのは昔のことみたい。

この感じは、
実習1と同じ。
あれも発表前日だった。

自分の中に溜めてたものが
爆発した感じ。

風船に針で
ブシュ。っと。
そんな感じ。
ハジケた。感じ。


発表は全然
納得いくものを伝えきれてない。

たくさんの人に支えられて
ちょっとずつ前に進んでたきたけど
あたしが求めてた結果はここじゃない。

大学最後、学生最後の集大成となる
卒論はやっぱり満足して卒業したい。

だから、
あたしはまだやる。

先生が言うように
ホントに発表は一通過点。


最初から最後まで自分で決断して
そのストーリーを1つの成果として
形にする。
そういうことを今後の会社でとことんやれる機会って
そうはない。
だからやっぱり納得するまでやって
これまでお世話になった人に見せたい。

納得いくまでやる!
もうちょっとの卒論。

負けず嫌いっていうか
頑固っていうか
なんか理想を求めすぎちゃうのかな。。

でも本当は限られた中で
どれだけのパフォーマンスをするかが大事なこと
なんだけどね。

そういう意味では
散ってしまったのかも。
トホホ。。
[PR]
by hayash31 | 2007-01-31 17:04 |

卒論提出まで
あと1週間といっても。

やっぱり
視野は広く持ってたい。

みんなでフットサル練習できる時間も限られてる。
モッサで会える時間も限られてる。
つくばで美味しいご飯いく時間も限られてる。
別々の道を行く人たちと一緒に過ごす時間も限られてる。

まさに
その時間は限られてる。


経験・思い出・友人の数・相手を思う心、そして未来には
限りはないけど
時間にだけには限りがある。

その限られた時間が卒論だけ。
ってのはちょっと納得いかん。

そういえば学校の講義も
「1限・2限・・・」ってことば使うけど
きっと
1つ目の限られた時間っていう
意味なんだろね。

そう思うと
授業って本当に貴重なもの。

------------------------------------
フットサル寝坊しないようにって
夜から練習ジャージきて
また研究室に戻ってきた。

その着替え途中での家でのできごと。
たまたまつけたテレビにビックリ。

アメリカ元副大統領アル・ゴアさんが
NEWS23に出てた。
20日日本公開映画のPRのための来日みたい。
不都合な真実

環境問題、地球温暖化の危機について世界中で講演をやってる人で
その映画もゼッタイ見ようと心に決めてた。

番組はどれもインパクトのある内容だったけど
特に
印象に残ったことばがある。
ある中学生が質問してたことに対してゴアさんが言ったことば。

Q:「地球の危機から逃れるために
   近い将来、火星や月といった他の惑星に移住すると話がありますが、
   それについてどのように思いますか」

A:「私たちは地球と言う星に住んでいるんです。
   自分たちが住んでいる場所は
   自分たちの手で守らなければならないんです。
   そして自分たちが汚したのだから
   自分たちで責任を負わなければならないのです。」

きちんとした言葉は覚えていないけど
そんな意味のこと言ってた。
だから、ゴアさんはそんな計画が実行できるときが来て
その時自分が生きてても移住はしないって。言ってた。

自分で立ち向かわなきゃいけない。
そう思わせてくれた。

そして
最期に言ってたこと
私たちは一人ひとりが“今"動かなきゃいけないんだ!ってこと。

あとで
気づいてももう遅い。
取り返しがつかなくなる。


あたしの行動も同じこと。
大学生活、この景色、この人たち・・・
美しいと思えるものは
もういつ出会えるか分からない。

だから
後で後悔しないように
「今」必要だと思うことを
責任を持って自分自身が実行しなきいけない。
[PR]
by hayash31 | 2007-01-17 17:43 |

卒論の合間のひととき

眠い目こすりながら
体育のあとにやってきた研究室。

来て早々ウトウトしまってるから
どうにかして目を覚まさないと!と思い
缶コーヒーを買いに1階の自販機へ向かった。

その道中 
inエレベーター
7階から1階へ。

同じ階から乗ってきたヨーロッパ系の外国人。
目があってニコってしてくれた。
ドキドキ。

エレベーターのマナーとしてボタン押すとこに立ってる人は
最後にでるからいつもの通り
「開」ボタン押してその人がでるの待ってたら、
間があって、
ひとこと
「どうぞ」って。

レディファーストじゃんこれ♪

ってなんか自分レディなんだって気づいて
その時妙にちょっと恥ずかしくなりました。
そしてなんだか嬉しくなって

コーヒー買いに来たのに
思わずミルクティー買っちゃいました。
はは。
[PR]
by hayash31 | 2007-01-15 16:22 |