カテゴリ:心( 36 )

小心

心が小さい。

そう思うことが最近多くある。
ダメだなー。
なんて思ってた矢先の出来事。

今日
会社の帰り道、
本屋で3冊の本を買おうとレジへ並ぶ。

財布を広げ、
現金が少なかったので
クレジットカードで支払う。

すると
店員さん
ズボンの前ポケットから
ボールペンをポンっと勢いよく取り出し
私に差し出して来た。

えー?
目の前にペンが準備されてるのに
あえてポケットから
しかもズボンの前のポケットから
窮屈そうに出すの?

そして
私にペンを差し出した流れで
レジ脇にあるペン立てから
また別のボールペンを
自分のズボンの前ポケットにしまい込んだ。

えー何?
意味がわかんない。

店員さんの温もり溢れるペン
目の前にあるサイン用のペン
どっち使えば良いの?

ホント意味不明。

店員さんが、かっこよければこんなこと
どうも思わないんだろな。。

ホント心が小さい。
あたし最低だー。
[PR]
by hayash31 | 2010-10-19 01:41 |

放つ

2ヶ月も放置のブログ。

更新しなくなると
そりゃ愛着も湧かなくなる。

毎日すこしづづ色んなことが
離れて行っている。

これまでは、
情報・知識・愛・友情・・・
自分の身の周りにあるモノ,人,コトが
どんどん増えて行くことしか気付かなかったのに。

余計なことに気を取られ、
結局
必要なものが遠くに行ってた。
気付かず離れて行ってた。

放し飼いの猫も
お家に戻って来てくれるのは、
やっぱり定期的なごはんがあるから。

心の飼い主が欲しいです。
[PR]
by hayash31 | 2008-10-25 02:14 |

小学生

小学生みたいだね。って
バカにすんな。って
言ってやりたかった。

24になって
涙もろくなってるんです。

24になったその日も
それから1週間経ったその日も
次の日
目が腫れてました。

人の腕の中で大泣きしたのは
お母さんの腕の中以来かな…

自分の想いが
言葉を超えてしまった時に
涙が溢れます。。

もうちょっと大人にならなきゃ。
[PR]
by hayash31 | 2008-05-31 16:11 |

郵便

うちのおじいちゃんは
郵便局員だった。

なんで
郵便局員になったかなんて
正直
そんな疑問を抱いたこともなかった。

だけど
今日たまたま見たテレビ番組
硫黄島~戦場の郵便配達~を見て
そのことを悟った気がした。

硫黄島の過酷な環境の中で日本を守るために戦った・働いた
日本兵の心はいつも家族にあり、
その想いをつなげていたのは
「手紙」であったというもの。

戦時中の
郵便屋さんはその図りしれない形を
袋いっぱいに詰めて運ぶ。
想いの架け橋となる人であった。

1人1人生きる・働くってことに使命や責任っていうのはあるけど
今日テレビを見て感じたことは
当時、
「手紙」という情報媒体を「届ける」という情報伝達手段となる「人」がいたこと。
そしてその人たちにがどれだけの使命があったかってこと。

ただ、
それってきっと硫黄島に限らないし、戦時中とも限らない。

今、メールっていうどこでもすぐに
想いを伝えることができるツールがあるけど
そんな中でも毎日必死で手紙を運んでる人がいるってこと。

紙を準備して
一文字一文字、丁寧に紙に書いて
それを送るためにポストに足を運んで
それをまた運ぶ人がいて・・・手元に届いて
やっと、メッセージを読むことが出来る。

今、その「運ぶ」って行為が
メールってもので
すごく短縮され、情報媒体であり情報伝達手段にもなって
便利で効率化されてるけど
すべてが効率化・短縮化されることが
進歩じゃないしこれからの未来に必要だとは私は思わない。

手紙、郵便局員を改めて考えさせれた。
そんな日だった。

おじいちゃんは世界で一番かっこいい人だと思ってたけど
今日、改めてそんなおじいちゃんに一歩近づいた気がした。

そんな
おじいちゃんの血が入ってる自分に誇りを持とう!
[PR]
by hayash31 | 2006-12-10 01:29 |

運命

CHICAGOが来日する。

まさかのまさかのまさかの・・・
出会いで
心のドキドキが止まらない。

なぜなら
深夜のCMでやってた
CHICAGOのCMとの突然の出会いが
あまりにも衝撃だったから。

この心のドキドキは
止められない~

あたしの中学~高校時代のサントラになってた
バックストリートボーイズのケヴィンが出てた!

え?
彼来るの?
出演するの?
踊っちゃうの?
歌っちゃうの?
魅せちゃうの?
想像するだけでドキドキがとまらない。

好きなもの同士が出会うとそこには
どんな効果が生まれるのだろう?

100+100=200?
それとも
100×100=10000?
それとも
(+100)-(+100)=0?

どんな結果が生まれるか判らないから
人生は楽しい!

人生ギャンブル!
[PR]
by hayash31 | 2006-12-03 05:37 |

認態

みんなが同じように共感してくれるとは限らない。
認めてくれるとは思ってない。

だけど
1人でも多くの人と喜びや幸せを共有したい。

全員HAPPAYになることを追い求めたい。
HAPPYはどんなに小さくてもいいから。。。

自分は人をHAPPYに出来るような力なんてないけど
そんな生き方をしていきたい。って思ってる。


友を美しくする。
友によって美しくなる。

そんな名前だって知ったのは、最近コト。
名の通り、
友だちをはじめ、周りの人によって
今の“自分”がいるってことを今すごく誇りに思うし、
そんな環境にすごく感謝してる。

そんなことを実感している
ココ最近。

だからこそ
疑われたり、否定されると
すごく心が痛い。。

あたしの論文
社会に、まちに、人のために役立つはずだと思って
やってるのに。。
入り口から否定されると、生き方まで否定されてるみたいで
涙もでません。

だけどね、
どれだけの人の力になれるかなんてわからないけど
自分の研究には自信もたなきゃ!

自分を信じることが自信なんだから。
自分が信じなきゃ誰も信じてくれない。

自分を愛せない人は
人を愛せないっていうのと同じ。

あぁ。今日の地震みたいに
いきなりこういう感情が自分を襲ってくる。

冬の気配と秋の雨が心も体も冷たくしています。
そんな日はおうちに帰ろう!
[PR]
by hayash31 | 2006-11-15 23:46 |

頂上

人生
下り坂
上り坂を繰り返すとは言うけど
結果として一番高いところいればいい。

そこまでの道が長くて緩やかでもいい。

きっと、
標高が高いほど
その下に広がる
マチの広さを知ることができる。

だけど、
高い山にのぼりたいなら
たくさん山を登ったり降りたりして
高い山に登れるような「力」をつけなきゃいけない。

体力
知力。
技術力。
そして
精神力。
[PR]
by hayash31 | 2006-11-09 23:47 |

何考えてるの。

日本一番好きな地は?
と聞かれたら、
きっと
私は一番に五島列島。という。

好きな人、大切な友達、自分とつながりのある人
を1人でも多く連れていきたいと思う。

ここがあたしの生まれた地。
原点だから。

その場所に
夏休み中、授業の一環で行ったという先生に今日会った。
すごく嬉しかった。
自分との距離がギュッと近くなった気がする。

あの土地に足を踏み入れてくれたヒトが
こんなに近くにいるなんて・・・。

話聞いてたら今すぐ飛行機乗っていきたくなった。

おばあちゃん・おじいちゃんが待ってる。
無邪気に海に向かって駆け抜けたあの頃に戻りたい。
[PR]
by hayash31 | 2006-09-22 03:57 |

夢話

最近みた夢。

押入れ空けてクリーム取ろうとしたら
でっかい蛙が2匹いた。

それはそれは
気持ち悪いのなんのって。
ずっとその光景があたまから離れなくて
ここ何日も過ごしてる。
本屋で
夢占いって本を立ち読みしてしまうほど。


なんで押入れ?
なんで2匹?
なんででっかい蛙?

どれもこれも意味が分からない。
夢にはその時の心理状態だ現れるっていうけど。
今あたしはどんな心理なんだろ。。

そんな時にグッドタイミングと言わんばかりに
研究室のある先輩も同じこと思ってたんだって。
自分の心理状態を知りたいって。

スポーツマン4人でBBQしてたんだって。
そしたら握りこぶしぐらいあるデッカイ蚊が飛んできたんだって。
しかも、なぜかお尻に大根がくっついてるんだって。
そいつが、
一番栄養のある人から順番に刺していくらしいんだけど
その先輩に最初やってきたんだって。
で、肩らへんに止まって
そいつが栄養を吸いだしたら肩がしびれてきて・・・
目が覚めたんだって。

なんかすごい夢すぎで
爆笑してしまった。


なんで蚊+大根?
そんな生き物見たことないし。
気持ち悪いし。

だけど
その虫想像できる。

とみんな
よくわかんない夢を見てるわけで・・・
なんか自分の夢がちっぽけに思えて悩んでたことが
吹っ飛んだ。

そして
先輩の夢の意味が知りたい。
[PR]
by hayash31 | 2006-09-03 18:10 |

びみょう

ラヴァーズキスっていう
映画に出てた
ある人の名前は初恋の人の名前だった。

普通の名前だけど、
他に今までであったことのない名前。
そういうのってイイナ。って思う。

「いそうで、いない。」
「ありそうで、ない。」
その絶妙な感じ。

微妙な感じっていいな。
[PR]
by hayash31 | 2006-06-08 21:31 |