卒論提出まで
あと1週間といっても。

やっぱり
視野は広く持ってたい。

みんなでフットサル練習できる時間も限られてる。
モッサで会える時間も限られてる。
つくばで美味しいご飯いく時間も限られてる。
別々の道を行く人たちと一緒に過ごす時間も限られてる。

まさに
その時間は限られてる。


経験・思い出・友人の数・相手を思う心、そして未来には
限りはないけど
時間にだけには限りがある。

その限られた時間が卒論だけ。
ってのはちょっと納得いかん。

そういえば学校の講義も
「1限・2限・・・」ってことば使うけど
きっと
1つ目の限られた時間っていう
意味なんだろね。

そう思うと
授業って本当に貴重なもの。

------------------------------------
フットサル寝坊しないようにって
夜から練習ジャージきて
また研究室に戻ってきた。

その着替え途中での家でのできごと。
たまたまつけたテレビにビックリ。

アメリカ元副大統領アル・ゴアさんが
NEWS23に出てた。
20日日本公開映画のPRのための来日みたい。
不都合な真実

環境問題、地球温暖化の危機について世界中で講演をやってる人で
その映画もゼッタイ見ようと心に決めてた。

番組はどれもインパクトのある内容だったけど
特に
印象に残ったことばがある。
ある中学生が質問してたことに対してゴアさんが言ったことば。

Q:「地球の危機から逃れるために
   近い将来、火星や月といった他の惑星に移住すると話がありますが、
   それについてどのように思いますか」

A:「私たちは地球と言う星に住んでいるんです。
   自分たちが住んでいる場所は
   自分たちの手で守らなければならないんです。
   そして自分たちが汚したのだから
   自分たちで責任を負わなければならないのです。」

きちんとした言葉は覚えていないけど
そんな意味のこと言ってた。
だから、ゴアさんはそんな計画が実行できるときが来て
その時自分が生きてても移住はしないって。言ってた。

自分で立ち向かわなきゃいけない。
そう思わせてくれた。

そして
最期に言ってたこと
私たちは一人ひとりが“今"動かなきゃいけないんだ!ってこと。

あとで
気づいてももう遅い。
取り返しがつかなくなる。


あたしの行動も同じこと。
大学生活、この景色、この人たち・・・
美しいと思えるものは
もういつ出会えるか分からない。

だから
後で後悔しないように
「今」必要だと思うことを
責任を持って自分自身が実行しなきいけない。
[PR]
by hayash31 | 2007-01-17 17:43 |
<< 羊飼い たのしみ >>