明暗

c0052293_19104668.jpg行ってきました
ニューヨーク。

自分には珍しいほどの決断力で
挑んだこの旅。

ニューヨークって街で、
出会ったもの・こと・人
そして旅を通して得られた
感情。

華やかな表の面と
そこに存在する裏の面。
そんな表裏一体のものだった。

一言で表すと
「明暗」
そんな旅だった。

【明】
ネオン輝くまちなみ。
気持ち良い笑い声。
ジャンキーな食べ物。
どこまでもまっすぐなストリート。
自然と建築物の混在。
音楽を肴にしたBAR。
陽気なタクシードライバー。
秋を感じる季節。
帰国日の朝日。

そんな空間、人、まち、時間が
新鮮で心地よくて。
感覚が
感動と、感嘆と、感激をもたらしてくれました。


一方で、
【暗】
天井の低さ、異臭という
ダークな地下鉄。
英語の理解力不足。
会うべくして会えないまちあわせ。
責任感不足。
懐疑心。


・・・どうしても足を運べなかった
グランドゼロ。

自分には抱えきれないほどの
計り知れない歴史の足跡が
そこにあることは分かってた。

だけど
あたしはそこを訪れて手を合わせる前にしなければ
ならない、訪れなきゃならない場所がある。

運命のイタズラによって
同じ人類のたくさんの命が亡くなったことは知っている。
だけど
中途半端な気持ちで
あの場所を訪れちゃいけない気がした。
自分自身が納得できなきゃ
あの場所は訪れちゃいけない気がした。

そんな自分自身の中での偏った葛藤を通して
自分自身の生まれた地の
存在や大きさを改めて感じた、そんな旅だった。

今日という日は2度と来ない。
1日1日が真剣で
何より大切な宝物。

ホントに5日間濃かったぁ。。
といいつつ
まだ残してきたものはたくさんある。
だけど
それは次また行くときのために
残しておいたことにしよう。


----------------------------------------
写真:ビルに映るセント・パトリック教会
[PR]
by hayash31 | 2006-11-06 19:12 |
<< 地球の歩き方 イタズラ >>